京都市 M邸(京都市歴史的建造物認定)設計監理・造作・造付家具

築120年にもなる京都の町屋。その間様々な増改築が行われ、本来あるべき通風や採光が失われてしまった。

この家で次世代に渡って住み続けたいという思いを受け、現代住宅の利便性を保ちながら、町屋の持つ伝統美を再生し魅力ある日常生活を過ごせる空間を目指しました。

日中は電灯がいらない程十分な採光を確保することができ、引き戸を開放すれば通り庭から居間にかけて爽やかな風が通る。快適で一日の大半を居間で過ごしてしまうとご好評を頂いた。

改修終了後をご覧になったこの家を巣立って行った次世代の家族が、数年後ここへ戻って来たいと仰られた。ここで暮らしたいという思いが受け継がれていく・・・・・