大阪市 T邸 設計・施工

都心でありながら、路地を1本入ると古い家が立ち並ぶ、
どこか懐かしい感じのする町並みに建つ8.5坪の住宅。
お施主様の悩みは1階の水廻りでした。
小さなスペースに台所・お風呂・お手洗い、もちろん玄関と居間、そして2階へと上がる階段があり、それぞれの場所にゆとりはなく使いづらいということでした。

リフォームの場合、まずその建物のことを知らねばなりません。構造を確認しながら解体していくことで様々な点を理解していき、難しい問題に出会ったり・・・・・

今回の改修のポイントは、キッチンを含め水廻りを便利に使いやすく、そしてくゆっくりつろげる居間を構築することでした。キッチンと居間を区切る壁には造付の大容量収納を取付け、床下収納も取り入れ、狭い空間でも物が溢れないようにしました。
お風呂やトイレも以前より広々と使用できるようスペースを効率良く割付け、これまでなかった洗面所も取ることができました。お施主様にも大変喜んで頂けました。

居間は如何に光を取り入れるかが課題でした。 幸い隣が建物と同じぐらいの敷地の庭だったため、そこへ抜ける部分に大きな掃き出しを設け、光と風を取り入れることができました。階段下の部分は造作を取り入れ、空間をすっきり見えるようデザインさせて頂きました。