東大阪市「夢織り工房 空の木」 設計・施工

内部障害を持つ方の作業所としてスタートした「空の木」。
店舗兼住宅だったこの場所は、工房として使い続けていくには改善しなければならない点が数多くありました。

今回の改修は、限られた予算の中で、この場所が心地よく作業を出来るように、そして数多くの人が集まる場としての役割を、という二つの課題を頂きました。
お施主様の目はいきいきとして、新たな活動をスタートさせるんだというエネルギーに満ち溢れていました。

元は揚物店と中華料理店という二つの空間を一つに繋ぎ、天井を解体するとなかなか見事な梁組みが現れました。
2階の床下の表情を見せることで天井高を上げ、視覚的に広々感じさせるだけでなく、通風性を向上させ居心地の良い空間としての条件を揃えて行きます。

外観は木の温もりを主なデザインメソッドに、内観はカラフルな商品を並べる予定のため、漆喰で主張をおとなしく。
作業の様子を外からでもご覧になって頂けるようファサードは開放的に。印象的な大型引き戸は吊っているため意外な程軽く動かすことができます。