大阪市 M邸 コーナー飾り棚

てすり替わりにもなる棚を製作させていただきました。

手摺の形をしているのではなく、少しものが置けたり、飾り棚として自然に空間に馴染むものを…とのご希望でした。

ちょうどリビングからキッチンへの動線上にあるため、コーナーは丸く仕上げ、板の断面をカットしています。

こうすることで断面に自然な陰影が生まれ、スッキリと見せる事が出来ます。(まっすぐカットしたままでは、少々野暮ったくなってしまいます)

他のインテリアに合わせて、アメリカンブラックチェリー材を使いました。

仕上は、自然オイル独特の臭いが気になられるとのことでしたので、臭気の少ないウレタンオイル2回塗となっています。

通常のオイル仕上よりも手間がかかるため、どうしても塗装コストは上がってしまいますが、ウレタンが配合されているため自然オイルに比べて堅牢であり、且つ仕上がりはオイル独特のしっとりとした肌合いを保てます。

オイルで拭いたりワックスを掛けたり…というメンテナンスが無垢材の家具を使う楽しみでもありますが、なかなかその作業に馴染めない方には、キッチンやダイニングテーブルの仕上に提案させていただいています。

サイズ飾り棚 W770*D200*H150/ 地板 W770*D190 厚40
主材アメリカンブラックチェリー
仕上ウレタンオイル塗(オリオ2)
価格¥70,000(*消費税・運搬諸経費・取付費別途)
  • br_2012IMG_2359
  • br_2012IMG_2360
  • br_2012IMG_2361
  • br_2012IMG_2362
  • br_2012IMG_2363
  • br_2012IMG_2359
  • br_2012IMG_2360
  • br_2012IMG_2361
  • br_2012IMG_2362
  • br_2012IMG_2363

⇒お問い合わせはこちらから