大阪府吹田市 H邸 造り付け収納家具

小物収納と同じお客さまから、隙間収納をご依頼いただきました。

お部屋とお部屋の間、廊下の突き当たりになぜかあった横巾22cm、高さ2m20cmの細長い隙間。高さ80cmのところに棚板がついていたけれど、これといって使い道もなくデッドスペースとなっていました。細いけれど、高さを生かせば本や普段使わないものの収納など、有効活用のチャンスはあります。

壁のように目立たないものにして欲しい、というご希望でしたので、小物収納に使ったものと同じ材料で製作しました。本以外にも細々したものを収納するために、ぴったりサイズの収納ボックスも5個製作しました。

細長い扉なので、開き戸によく使うスライド丁番という金物を使うと、出っ張りが邪魔になるため、価格は上がりますが真鍮製のアングル丁番を使用しました。扉が開く限界まで開ける事が出来、また、出っ張りが全くないため、物の出し入れに邪魔になるものはありません。

扉は取っ手を付けず、軽く押すと扉が開く「プッシュラッチ」にしています。これは、地震時に扉が開いて物が飛び出してくることを防ぐ耐震ラッチの機能も兼ねています。取っ手やツマミがいらないので、見た目もスッキリと見せる事が出来ます。

サイズ220W X 330D X 2200H 内側収納ボックス5個付
主材本体:ポリ合板、アングル丁番AHB-18
価格¥88,000(*消費税・運搬諸経費・取付費別途)
  • IMG_1491
  • IMG_1489
  • IMG_1488
  • IMG_1477
  • IMG_1473
  • IMG_1491
  • IMG_1489
  • IMG_1488
  • IMG_1477
  • IMG_1473

⇒お問い合わせはこちらから