生駒市 I邸 シューズラック

マンションの玄関を入ってすぐの、横幅わずか95cmの凹みにシューズラックを製作しました。

「靴をコレクションのように収納したい」「玄関が狭いため、開き戸ではなく引き戸で開閉できるものを」というご要望に加え、「玄関を明るくしたい」というご希望もありました。そのため、内部及び梁間の収納は全面白とし、扉に使う木材は白っぽくスッキリとした印象の「セン」を選びました。

ポイントは、右側は上から下まで一枚の扉ですが、左側は真ん中にニッチを設け、扉が上下二段に分かれているところです。通常の引き違い扉とは違い、アシンメトリーになっています。

ニッチ棚を設け、扉に半透明のアクリルを使う等、異なる素材を配し変化を持たせたので、空間にリズムが生まれ、以前より広く感じられるようになりました。

また、半透明のアクリルがほのかに光を透かし、これまで凹みに落ちていた影が消えたため、照明器具の取り替えをしなくても、明るさがアップしました。

全体として玄関の印象も上品にまとまり、丁寧な暮らしを心がけるお客さまのスタイルがより印象づけられたのではないかと思います。

引き違い扉で製作して欲しいというお客様の要望があってこそ、このようなかたちの収納が生まれました。

収納家具を検討中の方は本当によく考えていらっしゃいます。「無理かもしれないけれど、出来ませんか?」そんな一見少し難しいご要望が、作り手にとって新たなアイデアとなることもしばしばです。

今回のシューズラックは作り付けということもあり、まさにオーダーならではの家具となりました。

サイズ950 (上部650) W X 400D X 2000H
主材建具:セン無垢材 アクリワーロンp-52  本体:ポリ RB5213
仕上セン=オスモエキストラクリア+ウッドワックス
価格¥171,000(*消費税・運搬諸経費・取付費別途)
  • Exif_JPEG_PICTURE
  • Exif_JPEG_PICTURE
  • Exif_JPEG_PICTURE
  • Exif_JPEG_PICTURE
  • Exif_JPEG_PICTURE
  • Exif_JPEG_PICTURE

⇒お問い合わせはこちらから